Article

        

太る原因を考えた(加圧シャツ25日目)

2017/ 07/ 10
                 
リーアンです。

夫の加圧シャツを開始して早、25日・・・。

効果は、筋トレやランニングとも併用して、

 体重-1kg
 体脂肪-4%


と大きな効果はこれからという感じです。

でも、姿勢はよくなった!

でも、食事とお酒の量を少しでも減らす事がさらなる効果へとつながるのではと思っております。

そこで、そもそも太る原因を理解してその対策に取り組むことが大事ですね!

どんな理由で太るのでしょうか?


太ってしまう7つの原因


みんなと同じように生活してるのに「たまたま自分だけ太ってしまった」ということはまずありません。

人より太っている人はやはりそれだけ食べているからで、太るべくして太っているのです。

必ず食事や運動習慣の中に太ってしまう原因がるのです。

ご自身にどんな原因があるか、心当たりがあるものを見つけてみましょう。

girl-466136__340[1]




朝食を抜いている

ダイエットのために朝食を抜いているという人は結構多いようです。

確かに食事をしなければ痩せそうですが、朝食を抜くと実はダイエットに逆効果

朝食を抜いてしまうと体温が上昇するまでに時間がかかり、代謝の低い状態が続きます。

代謝が低い状態というのはカロリーの消費が少ないということですので、痩せにくくなってしまいます。


夕食に食事が偏っている

大体の人に当てはまりますが、食事の量が夕食に偏り過ぎています。

夜は食べたくも飲みたくもなるのはわかりますが、身体は夜になると血糖値が高くなり、脂肪を作りやすい状態になっています。

脂肪を作りやすい状態で食事の量が多いというのは、カンタンに太ってしまいます。

それに、夕食ばかり多くなってしまうと朝食が食べられなくなり、ダイエットにおいて悪循環が・・・。

「夕食が21時以降になることが多い」という人には、「夕食のみの置き換えダイエット」もおすすめです。

たった10秒で作れる♪【 生酵素スムージー 】



夕食が原因の場合はしっかり考えて取り組まなければ痩せにくいです。



甘いものなど、糖質中心の食事で栄養が偏っている

甘いものや、炭水化物中心の食事で太ってしまう方も非常に多く見られます。

お菓子はもちろんですが、チャーハンやラーメン、パスタなど、炭水化物中心の食事は糖質を摂り過ぎてしまい、ダイエットの成功率を下げます。

糖質を摂り過ぎてしまうと、身体は排出するか脂肪として蓄えることしか出来ません。

また、甘めのソフトドリンクも注意が必要です。

ソフトドリンクは吸収が早く、血糖値の上昇が早いため脂肪が合成されやすいです。

野菜ジュースや砂糖入りのコーヒーも同様に注意しましょう。



食事で血糖値を急上昇させている


血糖値が急上昇したとき、身体は脂肪を合成しやすくなります。

主に血糖値を急上昇させてしまう悪い食事の例を紹介します。

空腹時に食事をしてしまう

前の食事からの時間が空くと血糖値が下がり、身体は空腹を感じます。

空腹時に食事をすると血糖値が低いところから上昇しますので上がり幅が大きくなり、血糖値は急上昇してしまいます。

後述しますが、空腹にならないようにこまめに食事をしたり、食べる順番を意識することで血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

ガツガツと早食いをしてしまう

食事の際の早食いも太る原因の一つです。

特に男性に多いですね。

早食いにより血糖値が急上昇しインスリンが大量分泌され、フル稼働で脂肪を作ってしまいます。

また、脳が満腹だと感じるには15〜20分程かかるため、早く食べると満腹感を感じられずいくらでも食べられてしまいます。

早食いはダイエットにおいては禁じ手です。



身体の水分量が少ない


お通じが悪くて痩せにくいという方もいらっしゃいます。

その場合身体の水分量が少ないことや、腸内環境が悪いということも考えられます。

水分量が少ないというのは血液の循環が悪くなりがちです。

血液の循環が悪くなると老廃物を運ぶ機能が低くなり、代謝も悪くなります。

また、お通じが悪くなりデトックスの効率も悪くなります。

身体にとって排便や排尿はデトックスのおよそ95%を占めると言われており、ダイエットにとっても関係性が高いです。

汗は残りの5%くらいのデトックス機能しかありませんので、実は汗をかくよりもお通じを良くする方がダイエット効果は高いと言えます。



ストレスが多い


ストレスが多いのも太る原因として考えられています。

脳はストレスを感じるとエネルギー補給のために糖を欲しがったり、精神を安定させるためにトリプトファンというアミノ酸を欲しがります。

トリプトファンは肉に多く含まれますので、食事の際、つい脂っこいものを選んでしまいます。

また、ストレスを発散させるために無意識に沢山食べてしまうケースも多いです。

外的ストレスはコントロール出来ませんが、ダイエットの為にもご自身のストレスとの付き合い方が重要です。



運動不足で基礎代謝量や体温が低い


運動不足で基礎代謝量や体温が低く、太りやすいという方も多いです。

基礎代謝量とは1日に必ず消費されるカロリー量のことで、基礎代謝量を上げれば上げるほど身体は痩せやすくなります。

基礎代謝量を上げるには筋肉量を増やす必要があり、筋トレといった運動が不可欠となります。

また筋肉量が少ないと体温が低く、脂肪の燃焼効率が悪くなります。

運動をし、消費カロリーを増やすことがダイエット成功へのカギとなります。



さて、次回からは順番にそれぞれの原因に対しての対策をご紹介していきます。




スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント